トキメキ☆成均館スキャンダルディレクターズカット版17話 2


いよいよ成均館スキャンダル(以下ソンス)ディレクターズカット版(以下D版)
17話について,書いていきますね。

といっても、すべての追加シーンを書くのではありません。
あくまで私が見て、このシーンが加わってよかったーというところを
書いてます。


この17話から、4人組が王の密命を受けクムドゥンジサを探しはじめます。

D版は完全版に比べて、この場面がしっかり描かれています。

完全版は時間の関係でソンジュンとユニの気持ちを重視した編集になったのかな。

私はこの密命に込められた王の考えや密命を下された4人の気持ち、
特にク・ヨンハのここでの様子をみて、後半4話をより深く感じられました。

ソンスの脚本家がこの物語で若者の成長を描きたかった、
夢を諦めないでと伝えたいと語ってますが、
D版の17話初め約20分にはその2つが入っています。


以下その部分のおおまかなあらすじです。




セチュクパンの地下、さらわれた4人のまえに王とチョン博士が現れる。
部屋の壁に貼られた新しい都、華城ファソンの多くの地図。
その前で、王が言う。
「この都で身分の差も貧富の差もない理想の国を創る、
 それが、そなたたちと叶えたい余の夢だ」と。

「しかし、王様そんな夢物語が実現しますか 」とヨンハ。
(ここの表情、すごいです!ヨンハの抱える深い絶望を映した目元と
 かすかにあがった右の口端)
相手が王であることを忘れた不適切な態度、発言をくりかえします。

そんなヨンハに王が言う。

「始める前から成否と損得を考えるのを世間では夢と呼ばぬ。
 計算という。
 夢を見てはなぜいけないのか?」

今の都漢陽ハニャンには王の望みをあざ笑う者ばかり。
そのため華城に新たな都を移す。

その鍵となるのが、
10年前に死んだユニの父とジェシンの兄の運んでいた先王の残した文書だと、
そしてそのありかがユニの父の遺書に隠されていると告げる。



このあと、4人が密命について話すシーンになります。
そこにも、すてきなセリフありますよ。

3に続く・・・



追記 このブログを書いたころエキサイトブログで画像がでない状態だったため、
   成均館ディレクターズカット版については1~20話まで
   fc2ブログ『トキメキ成均館スキャンダル』チェゴーに画像、加筆してまとめてあります。
   興味のあるかたはのぞいてみてくださいね











[PR]

by wakuwakunike | 2014-02-15 14:20 | 成均館ディレクターズカット